So-net無料ブログ作成

26日目 7/24 タイ(カオサン通り) 【宿から締め出されるとは夢にも思わなかった】

Sponsored link




タイ6日目
 
 
 
ただいま7/26の夜9時、夜行バス内にてコレを書いている。
 
 
ここ数日、ずっとチエさんやタムタムさん達と朝から夜中まで遊んでいて日記を書く暇がないほど楽しんでいる。
 
カオサン通りの少し裏手に入った所に「ママ's ゲストハウス」という格安宿がある。
すぐ隣の店が毎晩夜中までどんちゃか騒ぎをしていたり、一階部分がちょっとしたお酒を飲めるスペースになっていたりする楽しいゲストハウス。
 
ここに居ると世界各国の旅人と出会える。もちろん日本人も。
 

この飲み場に頻出する、英語が全く話せないけれど取り敢えず「Hello my friend!!」と言って話し掛けてくるタイ人の名物おばちゃんが居るので、もしこのゲストハウスに行く機会があれば是非見つけてみて!
 
毎晩大爆笑出来るよ!


 
 
さぁそんなこんなで、この日もいつも通りママ'sで皆で遊んでいた。
この日は世界一周している20歳のコナツさんとミサキさん達の最後の日だったので皆でご飯を食べに出掛けた。

 
ご飯食べている時にチエさんの友達のヨシさんと合流。
どんどん旅人仲間が増えていく。

わいわい騒ぎながら、コナツさん達の世界一周クイズの為のムービーを撮ったりして皆でずっと笑っていた。
 
 
 
 
晩御飯後、皆で初のタイマッサージに行ってみた。
 
 
カオサン通りではそこかしこにタイマッサージがある。
ビーチにあるような寝転がれるイスが色んな所に沢山並んでいて、マッサージ師達がマッサージしてくれる。
 
しかも何と、1時間200バーツ(約600円)!!
因みにどこでも買えるマンゴーシェイクは20バーツ(約60円)ぐらい!!お安い!!!
 
 
 
 
フットマッサージを堪能して、夜中3時に解散。
 
良い気持ちでゲストハウスに帰るが、なんと宿の入り口が閉まったまま!
 
 
この時泊まっていたゲストハウスが変わった所で、従業員は外国人オーナー1人。
しかも宿泊客に鍵を貸さない。
 
ということは、夜中帰った時は入り口をドンドンと叩きオーナーを起こして入り口を開けて貰わないと入れない。

 
 
ゲストハウスで出会った同い年の旅人、コウも一緒に遊んでいたので2人で協力して入り口を叩くも、現れないオーナー。
 
夜中3時過ぎに締め出しをくらうウチら。

 
 
仕方ないから近くの広場で一晩中喋る。
 
タイの警察官に声を掛けられパスポートを見せて事情説明。
眠さで朦朧としている中、色々と聞いてくる。
 
最後は
 
「証明でもなんでもするから取り敢えず宿のオーナー起こすの手伝ってくれ!」って言ったら、「okok、分かった」と言いながら帰って行く警官達。
助けてはくれないんやね!
 
 
まぁでも中々面白い経験が出来た。
 
 
 
そのまま広場で朝まで時間を潰し、朝5時にタイを去るというコナツさんとミサキさんを見送りに行った。
寝ていたら見送れなかったやろうし、丁度良かったんかもね。 
たかたが数日の仲なのに昔から知ってる様な感覚で、なんだか見送るのが少し寂しい気分。
 
 
んで、結局朝7時までゲストハウスに入れなかった。
でも料金は返して貰えず。
 
なんじゃそれー。
 
 
この辺の緩さがタイっぽいね。
 
 
 
 



Sponsored link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。